テーマ:鉄道車両

阪神電車 5色

久しぶりに阪神電車のりました。そのついでに今津駅でちょこっと撮影です。 ツウトンカラーの車輌のほうがいいデザインに思えますが。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

40年ほど前の写真・・3

垂井での生活も終わり(転勤で)大都会大阪に。早速撮影の名所へ。東海道本線の塚本駅へでかけました。 朝方は東海道、北陸方面から大阪着の後、宮操への回送列車が撮れました。(今もそうかな?) EF58が20系客車を牽引。隣の各停電車が被りましたが・・。 同列車の先頭方向を。宮操への線路に入ってます。 「銀河」でした。がきのころ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

40年ほど前の写真・・2

前回は垂井駅西側の写真でしたので今回は東側のものを。 EH10牽引の貨物列車。退避線から本線へ。 特急「しなの」の通過と通過待ちのEH10の貨物レ。 特急「しなの」の後追い。 EF60牽引の貨物レ。いろんな貨車があり楽しいですね。 機関車の次位の貨車は製紙原料のような物が積まれてまれていました。 長編成の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

40年ほど前の写真

このところ寒さに負け、読書にCDの再聴ともろもろの整理等で一日をすごしていますが、おもわぬ発見もします。 仏具をしまっている箱、中身はお盆、正月、法事のときに使用するお膳等ですが、その箱の隅に文庫本5冊分くらいの箱があり、中に昔のサービス版と称する写真が入ってました。 裏に1977年撮、1976撮、垂井駅西 、東  塚本駅西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょこっと九州へ

ひさしぶりに山陽新幹線に乗り、九州へ。でも自分の都合の旅でなく親戚からの無理やりにちかい招待で。 9月21日~23日まででしたが、すでに23日にはずせない約束があり1泊2日忙しい旅になりました。 せっかく九州にいくのだからJRQの車両たちをいろいろ撮りたかったのですが残念でした。 こそっと持っていったコンデジでちょっこと乗り換え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人的ミス?

8月8日新幹線で部品がはずれ落下車体損傷と乗客が軽傷を負ったとか。(新聞コピー) この種の事故が起きると必ず出る言葉に「○月×日の点検検査では異常なかった」がある。しかし現実におこっている。点検検査は誰が、○月×日、何時ごろ、何人で?等を確認したうえで「異常はなっかた」と発表しているのか疑問である。「ちゃんと検査したか?はい!検査…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阪急宝塚線 リラックマ号HM

7月31日 通院の帰り、梅田駅で、宝塚線のリラックマ号HMを掲出した列車をみかけました。神戸線、京都線、と 各線1編成あるそうですが、写真撮影にはちょっと根気がいります。いつくるか?で線路際で待つのも梅田駅で 待つのも大変です。今回はラッキーでした。ちょっと古い話でした。なお8月31日まで走るそうです。      …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ごまめの歯ぎしり

 3月12日 トワイライトEXPのラストランで、大阪駅では最後の出発の姿を見に多勢の人が出発ホームの押しかけたそうで、あきれかえりました。運行がなくなると発表されたとたん、カメラを持った人がふえた。 それまではそんなにおらず、ゆっくりと駅撮りができた。カメラをもって先頭機関車から最後尾まで色々撮れ楽しかった。 ネットでブログ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鉄道車両の写真(2)

2月12日の撮影時、望遠レンズの使用について書きましたが、もうひとつ。 撮影場所に高校生?くらいの2人がきました。(学校は休み?)高級カメラに望遠レンズをつけて撮影を開始しました。被写体が接近してきたのでもう構図を考えてシャッターチャンスを待っているかと思いきやあっちで構えこっちでねらいと落ち着きません。あげく顔が切れた、ケツ(尻…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鉄道車両の写真

12日、ひさしぶりにお決まりの場所へでかけ、一時間ほど撮影ししてきました。 08:30~09:30まで。お天気も薄曇りであまり影が出ない状態でまあ撮影雰囲気はOKでした。 ただラッシュの後半で、上り列車と下り列車がそして下り回送がちょうど目の前ですれ違う場面が多くあるのが 上り列車の撮影する私にはこまります。 で、対…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

C57形 蒸気機関車 (2)

播但線でのC57の撮影、こんなシーンもありました。 駅長さん?助役さん?どちらかからと思いますが、出発OKのタブレットを機関士さんは受け取り、 そしてドレインを排出し出発! 機関士さん前方確認、(駅員さんはポイント通過を確認?している?)列車は出発していく。もう少しシャッターを後で押せば機関車、貨車も撮れたかもしれなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C57形 蒸気機関車

最近、テレビCMでC57形蒸気機関車の組み立てのPRがされてますが、お金と根気のいる作業?ですね。 初回@999円?で2回目は????円で何回で完成?金属製であればそれなりの工具も必要では? 鉄道ファンの私?買いません!老眼もすすみ、またそんなに気長でもありません。どうしても欲しければ嫁はんとけんかしてでも完成品をかいます。高価…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

35年くらい前の写真

2月1日の掲出の写真と同時にでて来た写真を。プリントの裏にS54と書いてありました。(自分で書いたのに・・・・) 今では見ることの出来ない編成、貨車、機関車などです。 撮影場所は垂井駅西3~400mのところ農道踏み切りです。 関が原駅から垂井駅→大垣駅までは上り列車はほとんど坂を下ることになります。写真の貨物列車はブレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪と列車

ここ四五日とても寒い日が続いています。年をとったせいかこたえます。 暖かい部屋でコーヒーを飲みながらTVを観たり、昔撮った写真を眺めたりしてます。 そういえば40年近くまえ岐阜県の垂井町に住んでいたころ雪の日に列車を撮りに行ったことを思い出し探して みました。ネガは見当たらずプリントだけですが見つかりました、が黄色く変…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

 山陽電鉄

今日(2014/12/21)の読売新聞の朝刊に「山陽電鉄と台湾鉄路」が姉妹鉄道協定を結ぶことになった。という記事がでてます。 台湾の観光客が山陽の車内に携帯電話おわすれ、それを山陽の駅員がとどけた親切からはじまったそうです。 くわしくは新聞のコピーを呼んでください。以前にも外国人観光客が落とした財布が中身とも無事、落とし主に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もみじ

街を歩くとどこからともなくいい香りがただよってくる。金木犀だ。周りを見ると小さな金木犀の木が一本、小さな花をいっぱいつけていた。 だいぶ秋らしくなってきたが本格的な紅葉のほうはまださきのようである。一部には赤や黄色になりつつある葉もあります。 紅葉の時期になると近くを走る阪急電車も「もみじ」の看板掲出して走る。毎年そのデザイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鉄道の日

昨日は「鉄道の日」だった。が あいにく台風19号に日本中が振り回された感じ。 例年であれば新聞、テレビでも「鉄道の日」について多少は報道されていたが今年は全くなし。 鉄道ファンとしては「さびし~~~い!!」日だった。 台風襲来の予想で終日家にこもり読書と昼寝と、昔「音きち」で列車走行音、車内音などをデンスケを担いで録りだめたテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鉄道好きの原点

今日9月15日は敬老の日。敬ってもらわなくてもいいが、よく70年余生きたもんだ。亡き両親、兄弟、友人に感謝しなくては。 で、来月10月14日は「鉄道の日」。年で言うと142歳、私の二倍くらい。 太平洋戦争も末期で日本各地が空襲を受けるようになり「神戸」も同じで、年寄りの居る我が家は町内会から疎開を勧められ(半強制だったそう)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昔みたSL

1971・04・03、西舞鶴駅で見たSL牽引貨物。編成を終え後は出発時間を待つ姿。今写真を見ただけでもわくわくする。しかし、今山口線、大井川鉄道、秩父鉄道、真岡鉄道等のSL、 SL牽引列車の写真を見てもあまり感動しないのはなぜだろうか。 毎日の業務がなく走る回数が少なくSLが綺麗に磨かれてあまり実働感がないせいだろうか?。いまだに分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

保線作業車

前回、三陸鉄道の復活の本を紹介しましたが、その際線路工事に使われたかどうか不明ですが、保線作業に威力を発揮する「マルチプルタイタンパー」(通称マルタイだそうです)の姿です。活躍するのは主に終電後の夜中ですので作業中の姿はなかなか見るのはむずかしいと思います。 両側の姿です。これは東海道線 芦屋駅で見かけたものです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本 

先日、近所の書店でこんな本を見つけました。鉄道ファンもぜひ読んでください。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more