コンプレの鉄道きまぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も祇園祭の看板掲出列車を撮影

<<   作成日時 : 2018/07/04 15:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

阪急沿線の7月のお祭り、京都の祇園祭です。

今年も祇園祭のHMを掲出した列車が7月1日から走り始めました。神宝京各6編成走るとのことです。
そのうち神戸線の一部の列車を撮ってきました。HMのデザインは白をベースの明るいデザインです。

                
画像
  


                 
画像



                
画像


祇園祭のHM掲出は7月24日まで、7月18日〜24日までは4編成となり、大阪天神祭りHM掲出列車が2編成走るとのことです。

18日〜24日の間で天神祭HM掲出列車を撮らねばなりませんね。二つのお祭りが終わると本格的な夏です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ♪おはようございます。
日本三大祭の一つ、祇園祭のHK掲示列車が人目を引いている事思います。
 京都は大雨特別警報が発令され、床下・床上浸水等が無く祭り当日に支障がないと良いのですが。

掲示列車が何時走るのか情報は何処から仕入れるのですか?
 本数も少ない様ですし、出向いて来るのをじっと待つよりしょうがないのでしょうか?
 撮り鉄は、良い写真を撮る為には刑事の張り込みの様な辛抱が肝心なのでしょうか?
 「辛さも喜びもこの一枚に掛けています」ですね。
大阪天神祭りは2編成だけとは何時間待てば良いのでしょう。
 私にはとてもとても・・や〜め〜ちんころこんと諦めてしまいます。

祇園祭の掲示盤は、山鉾巡業のデザインが有っても華やかさが全面に出されて良いと思うのですが。
 費用が掛かり過ぎなのでしょうか?

熱中症に気を付けて撮って来て下さいね。
富士山
2018/07/07 08:55
まいど!ありがとうございます。

じっと待つのだぞ!大五郎ならぬ撮り鉄です。
阪急さんダイヤ教えてくれません。そこで一番多く列車の走る時間帯を選びます。ラッシュアワーです。
1時間に20本近く走る8時〜9時過ぎまで撮ります。必ず何本か目的の看板列車が撮れます。今回3本でした。残り3本はどこかを走ってたはずです。

そうです辛抱が必要です。昼間の閑散時10分おきですので6編成全部運用されてるとしたら2時間もまてばとらえられます。神戸三宮〜大阪梅田間片道1時間と予測し2時間も待てば大概撮れます。西宮北口の梅田側で待ってますが、たまに神戸三宮からの電車、西宮北口までで後車庫入りで・・・いつまでもこないときも有ります。

8〜9時は冬場と曇りの日は光量が少なく辛いです。
シャッタースピードと露出の関係です。
楽していい写真をなんて甘い考えはいけません。同好者に先に場所取りで負けたり、良いところでトイレタイムが必要になったり・・・。

看板のデザイン、今まで文字主体になってますが、
直径65cmくらいの中に細かく描くのは難しいのでは?たぶんそんな理由だと思います。
コンプレ
2018/07/09 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年も祇園祭の看板掲出列車を撮影 コンプレの鉄道きまぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる