デジタルカメラ 使い始めてから・・・(2)

実際にフルオート、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル、等で撮影しましたが一番おおちゃくなシャッタースピード優先で撮ることにました。芸術的な写真をねらう気はなく車両中心の撮り車両なのでそれでOKとしました。

、可能な限り順光で、直線上で、車両編成が欠けぬよう、床下機器類にも光が当たり(床下が黒く陰になり車体が浮いているようにならないように)、少々鉄道施設物が画面にはいっても良しとして撮ってます。もちろんピンボケ、手振れはだめ。三脚は最近周りが田んぼでないかぎり使いにくくなってますので最近はあまり使ってません。

画像
20090625 阪急 御影駅  増結用 7037F2連 三宮から西宮車庫への回送途中御影駅で営業列車の通過後発車。

画像
20090707 西宮北口駅  宝塚発西宮北口経由大阪梅田行き(北口客扱いなし)。この画面の右が東で天気がよければ影側からの撮影のためもっと黒くなってたとおもいます。曇り状態が幸いいくらか明るいです。渡り線を通過のため速度も遅かったので低速シャッターでも流れませんでした。

速度の速い列車の撮影分は後ほど。

この記事へのコメント

2015年10月30日 07:29
 ♪おはようございます。
光の加減や床下機器の明暗まで撮り方に専門知識を取り入れながら、撮られているのですね。
 改めて列車撮影の奥深さを感じています。

 私なんかは、全て、カメラ任せのカメラ好みの私になりたいオート撮りです。

初期設定も好い加減ですよ。
 例えば、上・中・下が有ったとすると、何でも構わず上設定です。
 撮れば良いや~~でお恥ずかしい限りです。

先日、都内へ出掛けた際も都営浅草線(地上・地下線)の地下で撮りましたが、シャッター・スピードもなんのそので・・案の定、おボケ気味。
 次回の更新の時、添付しますが・・・。
2015年10月30日 13:49
こんちは。ありがとうございます。
ここ、御影駅は上下線間に待避線があり上り列車を撮るには絶好の場所です。午後は逆光気味で顔が影になります。フルオートで撮るとあまり手前迄待つと流れるときがあります。でもこのころはフルオート撮影でトリミングでごまかしてました。

富士山、私も4ヶ月くらいは同じような設定でした。
なんだかんだ言っても自分である程度満足できればOKのさつえいです。

この記事へのトラックバック