久しぶりの電車

7月22日以来久しぶりに線路際にたちました。昨日8日もあまりにもいい天気で、いってみようか?というきになりました。

久しぶりの場所、なんのかわりもありませんでした。背景になる山もよく見え、空も青く、スッキリしていたことだけは珍しかったです。晴れた日でもかすんでいるが多い場所です。
画像


画像

ピント、構図、隣の下り線の架線の影が先頭車の顔に架からないか?など覚えているつもりでもやはり忘れていることもありました。5~6列車とるうちに太陽との関係もおもいだせました。この2枚はまだ感を完全に取り戻す前のものです。


画像

テレビで皆既月食がどうのこうのと言ってましたので東の空を見ると欠けてました。300mmで露出、シャッタースピードなどどのくらいがいいのか不明ですのでAUTOで撮りました。19時ちょっと前でした。しかも手持ち。

なれないことはやはりしない方がいいですね。せめて三脚ぐらい使用すべきで、準備不足もいいとこでした。

この記事へのコメント

2014年10月11日 05:57
 ♪おはようございます。
電車の頭が禿山の一夜になってしますね。
また、架線の陰が寸前の所で、顔に被さるのを回避されていますね。苦労の一端が伺えました。
同じ場所から撮るにしても、久しぶりだとジャストモーメントに為りがちですよね。

 私も皆勤月食の天体ショーをオートで2時間に亘り、何分間毎に手持ちで撮りました。
 月食は、月の光の照射が変化して行くので、難しいですね。
馴れない事は、チャレンジで良いと思います。
 私も初挑戦、ネバー・ギブアップでした。
僅々に公開予定ですが、可笑しくて笑っちゃいますね~~と言わないでちょ~よ。
2014年10月11日 12:42
こんちは。コメントありがとうございます。

年を感じました。2ヶ月ちょっと撮らなかっただけでシャッターチャンスを忘れるなんてね。

お月様、カメラを覗いているときはうまくいってたように思っていたのにパソコンに入れてみて、「あ~だめだちくしょう!!」。すばらしい見本、期待してまあ~す。

この記事へのトラックバック